知人にお金を騙し取られたので住所が知りたい-住所調査

知人にお金を騙し取られたので住所が知りたい

T様の相談内容(40代女性)

職場にお客さんとして来て知り合った知人にお金を貸しました。最初は3万円や5万円だったのですが次第に額が増えていき20万円くらいを貸した時までは必ず返済してくれていました。でも100万円貸した時に返済時期が遅れ、投資に使っているためもう100万円ないと全てのお金を失うという言葉を鵜呑みにしてしまい合計200万円を貸してしまったタイミングで連絡が取れなくなりました。借用書に記載されていた住所を訪ねたのですがすでにいなくなった後だったため、返還請求を行うためにお金をだまし取った知人の住所を調べたいのですが、どうやって調べればいいのか全く分からないので専門家に相談しました。

知人にお金を騙し取られたので住所が知りたい事例

  • 友人にお金を貸したのだが理由を付けて先延ばしにされている。返済する前に逃げられてしまわないように住所を調べておきたい。
  • ネットで親しくなった友人に100万円貸してくれないかと相談された。額が大きいので万が一連絡が取れなくなることを考えて住所などを知っておきたい。
  • キャバクラ嬢とプライベートでも飲みに行く程仲良くなった。家族の治療費という事で300万円貸すと店を辞め連絡も取れなくなった。どうにかしてどこに住んでいるのか探し出したい。
  • 友人から紹介された人物から投資案件を紹介され、特別な情報という事で150万円渡したが失敗してしまった。しかし説明の内容が非常に怪しかったので、住所をつきとめてもう一度話し合いたい

どのように解決したいか

まずは知人の住所を調べたい。知人について知っていることがほとんどないので、家族構成やどのような人物と交友関係があるのかなどを調べて話し合いの交渉材料に使いたい。常習的に詐欺行為を行っているような人物の場合は法的に返済させる手続きを取りたい。

調査の必要性

詐欺行為を行う相手に対して話し合いだけで返済させる事は非常に難しいため、住所を調べて弁護士から内容証明書を送ったり裁判所から支払催促を行ってもらう必要があります。そのため詐欺被害にあった場合には、詐欺行為を行った人物の詳細な情報を収集を行うため、詐欺師についてわかっている情報が少しでもあるうちに早急に専門家に調査を依頼する必要があると言えます。


ご依頼する際の調査項目は 住所調査

知人にお金を騙し取られたので住所が知りたい場合の解決方法

まずは知人について現在知っている情報の確認を行う必要があります。住所を知っている場合や共通の友人がいる場合には実際に訪ねて話し合いの場を設ける事も可能ですが、お金をだまし取るような人物が本当の住所を教えていて話し合いの末返金するというケースはほとんどありません。住所を知らない場合や、教えられていた住所からすでに引っ越してしまっていた場合などには専門家に調査を依頼しましょう。少ない手がかりで住所を探すことは非常に専門性が高いため、一般の方には難易度が高いと言えます。

埼玉総合興信所で知人にお金を騙し取られたトラブルを解決した依頼者様の感想

相談員画像 知人について知っていることが本当に少ないという状況での依頼だったため、正直諦めていた部分もあったのですが調査を依頼して数週間後に知人の住所が判明しました。借用書に記載されている住所とは県も違う場所に住んでおり、勤務先や家族構成など全てが嘘で常習的に詐欺行為を行っている人物だという事が分かりました。今後は逃げられないようにご紹介いただいた法的な機関に間に入ってもらい、騙し取られたお金の返金と同時に他の被害者の方達と集団訴訟を行う予定です。

知人にお金を騙し取られたばあの解決までの費用

知人にお金を騙し取られたので住所が知りたいトラブルを解決

知人にお金を騙し取られたので住所が知りたいトラブルは専門家と一緒に解決していくが理想的です。住所調査だけではなくトータル的に解決できる相談窓口に依頼することで解決までがスムーズになります。相談から解決まで一連の流れで行える興信所に相談するようにしましょう。


無料相談窓口

埼玉総合興信所の無料相談窓口は365日24時間対応とさせて頂いております。お一人で悩まずに専門家に相談することで解決へ一歩近づくことが可能です。

日本全国対応当興信所は全国でレベルの高い調査力を発揮します。